ゆきのおと

旧 泣き虫てんぐの3倍パンチ

思葬

 

枯れた喉を水が流れる感覚。

手足の指先まで思い通りに動かせること。

痛みは細胞と神経の戦い。

吐き気は拒絶。

 

誰かを想うということ。

誰かに想われているということ。

それに気が付ける、ということ。

 

あー。と声を出すとそれが頭蓋骨の中で

思ったより大きく振動して

まるで自分の声じゃないみたい。

 

台風がきて去っていった、

ことすら知らなかったの。

 

イヤホンを両方の耳に突き刺して

音楽だけを最短距離で

脳みそに流し込むことを

「ダイレクトミュージック」

と呼ぶことにしたんだけど格好いい?

 

f:id:yukihaaka:20170704221901j:image

 

どうかな?

…格好よくないか。

意味分かんないかな?

…そりゃそうだよね。

全ては私と私の対話、

いや、対話ですらないか。

つまり独り言。

 

こんな風に独り言を残すという行為に

一体何の意味があるんだろうって

たまにどうしようもなく馬鹿馬鹿しくなって

だって面白くもないし下手くそだし

それってきっと無様だし

それでもこうして毎日言葉を紡ぐのは

笑われたら笑い返してやればいいじゃん

って君があの日笑ってくれたから。

 

いまの私が考えたことや感じたことを

吐き出して並べて繋ぎ合わせて

言葉にして刻み込んで残すことで

一秒後には過去になるいまを

葬ってあげることができるの。

 

だから私はいまを

そして多分明日も

言葉を、遺す。