ゆきのおと

君の暇つぶしにでもなればいいな

 

早朝みた夢の話。

 

細かい設定はよく分かんないけど、

私は雪山の中に建つ小屋にいて

外はものすごい吹雪で

Tシャツとデニム姿でとても寒くて

だけど絶対小屋の外に出ないといけないの。

何でかはよく分からない。

 

で、外に出ようとしたんだけど

そこには狼みたいな大きな犬がいて

牙を剥いてヨダレを垂らしてて、

もう明らかに私を食べようとしてる。

ぐるるって唸りながら。

 

犬はとても怖かったけど

この犬に勝たないと外に出れない。

よし、やるぞ!

私は意を決して、勢いよくドアをあけて

 

わんわーんっ!って叫びながら…

 

 

 

飛び起きました…。

一瞬何が起きたのか分からなかったけど

すぐに、あぁ…夢か…って安心してたら

隣の両親の寝室から (※いま実家暮らし)

「えぇぇ…」って父の声が…。

あぁやべえ聞かれた💧と思ったけど

そのまま何事もなかったかのように

また布団にもぐって寝直しました。

 

で、朝リビングに降りたら

父はもう既に外出していたのですが、

代わりに母が少し震えながら

「パパがね、ゆきちゃんにわんわーんって

そう伝えとい……ぐはっwww」って

笑い転げて苦しそうにしていました。

 

最悪です。

これからいじり倒されるであろう日々が

容易に想像でき悪夢よりも恐怖です。

多分お正月は親戚中の笑い者にされます。

 

家にいたくありません。

どうせ今夜は飲み会だし、

友達の家に泊まるからいいけど

明日が来なければいいなって

どうしてもそう思ってしまいます。

 

こんなにもどうしようもない下らない話を

最後まで読んでくれてありがとう。

あなたはいい人ですね。

 

 

広告を非表示にする