ゆきのおと

旧 泣き虫てんぐの3倍パンチ

翼をください

 

翼をください、だなんて

そんな歌、嘘だと思っていた

多分ずっと幼い頃から

人の背中に翼が生えて

空に飛び立つところを浮かべるたび

恐怖で心が潰されるようだった

 

飛んでいきたくなんてない

ここにいたい

出来ることならここにいたい

重力と愛で繋いでて

ずっと離さないで

ずっと離さないで

ぎゅっとつかまえていて

 

悲しみのない自由なんて

そんなもの信じられないんだって

拘束の中に悦びがあることを

何となくもう分かってた

万が一この背中に翼が生えるような

そんな悲劇が起きるとしたら

きっとそれは大きく醜い翼だ

その時はもう殺して

 

飛んでいってほしくない

空はきっと寒いよ

出来ることならここにいて

重力と愛で繋いでて

ずっと離さないから

ずっと離さないから

ぎゅっとつかまえていて

 

本当は怖いんでしょう

分かるよ、私も同じだから

だいじょうぶ、誰にも話さないから

 

知ってた?

人が人生で鼓動をうてる数ってさ

最初から決まっているんだって

つまりどきどきし過ぎると

早く死んじゃうんだって

 

どうせなら繋がったまま死にたい

轟音の粒に脳みそ愛撫されながら

 

YukihaTracks

 

広告を非表示にする