ゆきのおと

旧 泣き虫てんぐの3倍パンチ

クリスマス

 

もうすぐクリスマス。

街は華やかにライトアップされて

何度も聴いたクリスマスソングが流れて

それは幸せな景色そのものなのに、

私の心はぎゅうってなるのです。

 

何でだろうね。

クリボッチ体験したことないし

思い返しても楽しい思い出しかないのに

クリスマスに浮かれる街を眺めてると

切ないような苦しいような、

そんなぎゅうっに包まれるのです。

 

って、

ここまで書いてて「はっ!」としたけど

私、桜の季節のときも同じように

ぎゅうっが云々って言ってたな…

 

つまりきっと私は何を見ても感じても

ぎゅうってなるのでしょう💧

 

理由は多分桜と同じ。

その時だけの刹那的なものだから。

そこには必ず終わりがやってくるから。

 

春が終わると夏に浮かれ

夏が終わると秋の恵みに浮かれ

秋が終わるとクリスマスに浮かれ

クリスマスが終わると年始に浮かれ

基本一年中浮かれてるはずなのに

それなのにずっとぎゅうって気持ちを

引き連れながら生きている。

これはもう性格なんだろうなぁ。

 

それでもそんな時必ず誰かが

「そんな難しい顔してないで楽しもうぜ」

って笑って声をかけてくれるから、

私には笑って過ごした思い出が

またひとつずつ増えていくのです。

 

ほんとにめんどくさい奴でごめんね。

ありがとうね。

もし私がサンタクロースだったら

君の枕元にそっとプレゼントと

「ありがとう」ってメッセージカードを

配ってまわりたい気分だよ。

 

ふむ…

相変わらず何が言いたいやら

よく分かんないけど終わり。(笑)

駅までの帰り道、

少し遠回りしてみたりなんかして。


f:id:yukihaaka:20171211201453j:image